日本アドラー心理学会関東地方区 シンポジウム『アドレリアン大集合!in関東 〜つながる・ひろがる・わかちあう〜』

Description


 


各分野で活躍するスペシャリストが一堂に会してアドラー心理学を大いに語る!!

基礎理論・育児・教育・医療・学術研究その他の各分野での活動について、シンポジストの方々に発表していただいたうえで、これまでのアドラーの思いを受け継ぎ、これからさらにつなげていくための意見交換を行います。質疑応答の時間にはフロアの皆様からのご質問をお受けしながら、たっぷりとアドラー心理学の魅力を座談会形式で語っていただきます。

今回は5名でお申し込みいただくとちょっぴりお得になるグループ割券を設定しました!
アドラー心理学は初めての方からベテランの方まで、幅広くお楽しみいただけるシンポジストです。学会員、非学会員の種別は問いませんので、ぜひご友人をお誘い合わせの上お申し込みください。

【日時】
10月20日(日) 14時〜16時30分

【会場】
幕張メッセ国際会議場 会議室103号室



【シンポジスト】(五十音順、敬称略)


大竹優子(おおたけ ゆうこ)
日本アドラー心理学会認定心理療法士、同認定家族コンサルタント、同認定指導者、医師。
職場の先輩の本棚にアドラー心理学の本を見つけたことがきっかけでアドラー心理学と出会い、2004年、自分の家族との問題から本気でアドラー心理学を学び始める。
野田俊作氏に師事。薫陶を受ける。
ICASSI(International Committee of Adlerian Summer Schools and Institute ※ 国際アドラー心理学夏期講座)参加を機にイヴォンヌ・シューラー氏にも師事し薫陶を受ける。
現在は大阪市内の心療内科クリニックに非常勤勤務するかたわら、アドラー心理学基礎講座他、アドラー心理学伝承のための活動を各地で行っている。
翻訳書にエヴァ・ドライカース著『アドラー心理学へのいざない』(共訳)
アドラー心理学についてひとこと:ひとことではとても語れません!


尾中孝司(おなか たかし)
1985年 高知大学教育学部卒業
1985年~2018年 高知県公立小学校教諭・管理職として勤務
高知アドラー心理学研究会代表
日本アドラー心理学会認定心理療法士・カウンセラー・家族コンサルタント
長男2歳、次男0歳の時に、あるきっかけでアドラー心理学と出合い、以来25年間夫婦ともに学び続けている。
主に地元の高知や四国でアドラー心理学の普及と啓発に取り組んでいる。
『アドレリアン』掲載論文
「ヴィゴツキーとアドラー」第31巻第1号(通巻第84号)
「自閉症児へのアドラー心理学による支援教育について」共著 第28巻第1号(通巻第75号)
「[勇気づけ]のある教室をめざして ~小学校の実践から」第22巻第1号(通巻第57号)
「授業の中でも勇気づけを」第18巻第4号(通巻第47号)
アドラー心理学についてひとこと:アドラー心理学は生きていくための古くて新しい地図です。



向後千春
(こうご ちはる)
早稲田大学人間科学学術院教授 博士(教育学) 専門は教育工学(特に、e-ラーニング、インストラクショナルデザイン)、教育心理学(特に教授法、生涯学習、作文教育)、アドラー心理学(その実践と実証研究)。
著書に『幸せな劣等感』(小学館新書,2017)、『18歳からの「大人の学び」基礎講座』(北大路書房,2016)、『人生の迷いが消える アドラー心理学のススメ』、『アドラー”実践”講義』(技術評論社,2016)、『コミックでわかるアドラー心理学』(中経出版,2014)、『上手な教え方の教科書 入門インストラクショナルデザイン』(技術評論社,2015)、『教師のための教える技術』(明治図書出版,2014)、『世界一わかりやすい教える技術』・『200字の法則 伝わる文章を書く技術』・『いちばんやさしい教える技術』(永岡書店,2018,2014,2012)『統計学がわかる』・『統計学がわかる【回帰分析・因子分析編】(技術評論社,2008,2008)など。
アドラー心理学についてひとこと:アドラー心理学は"よりよく生きるための科学"です。



田中禎
(たなか ただし)
ただしメンタルクリニック院長 アルコール依存や薬物依存、ギャンブル依存など様々なアディクションから気分障害、発達障害、統合失調症、認知症まで様々な精神疾患の診療に携わっている。院内で、アルコール依存症の患者さんとの勉強会「アルコール勉強会」を開催。
アドラー心理学をベースにした勉強会「西宮援助について考える会」で「アドラー心理学講座」「事例検討会」等を定期的に開催、全国各地から様々な援助職が集まって交流している。それ以外にも他者援助に関する様々な機関や企業での講演多数。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定専門医及び指導医 兵庫県精神保健福祉センター薬物家族相談の嘱託医 西宮市保健所嘱託医 兵庫県精神科診療所協会理事 西宮地区薬物乱用防止指導員協議会会長 関西広域連合IR研究会委員
アドラー心理学についてひとこと:一緒に!



樋澤律子
(といさわ りつこ)
日本アドラー心理学会会長 日本アドラー心理学会認定家族コンサルタント。多祥もりおか (別称:岩手アドラー心理学研究会)代表。 生まれも育ちもずっぱり岩手県盛岡市。盛岡弁のヒアリング、リーディング、スピーキング が得意。
1995 年に女児を出産。その後、一人娘の育児に悩み、アドラー心理学に出会う。2008 年 1 月から岩手県の自助グループ・アドラーフェラインみちのくに通い、2009 年秋にパセージ を受講する。2014 年 3 月に盛岡市を拠点とする岩手県で 2 つ目となる自助グループ・多祥 もりおかを北村江奈さんと立ち上げる。 パセージを意識して育てた娘の仕上がり方がよいと感じるので、岩手県内にパセージが広 がるよう奮闘中。注:娘はフツーの子。
アドラー心理学についてひとこと:アドラー心理学は私に目標を持たせてくれました。


【タイムスケジュール】
13時30分       受付開始
14時00分       開会
14時05分〜14時25分 「シンポジスト1」
14時25分〜14時45分 「シンポジスト2」
14時45分〜15時05分 「シンポジスト3」
15時05分〜15時25分 「シンポジスト4」
15時25分〜15時45分 「シンポジスト5」
15時45分〜16時25分 「質疑応答&座談会」
16時30分       閉会


【参加資格】
アドラー心理学に関心のある方ならどなたでも

【チケット】
一般券:3200円
グループ割券(5名分):15000円

【キャンセルポリシー】
主催者の都合による中止の場合を除き、購入済チケットのキャンセルはご対応しかねます。

【お問い合わせ】
日本アドラー心理学会関東地方区 特別シンポジウム事務局
adler.kanto.lecture@gmail.com

<主催>
日本アドラー心理学会関東地方区


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#478525 2019-10-01 14:40:37
More updates
Sun Oct 20, 2019
2:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
幕張メッセ国際会議場
Tickets
一般 SOLD OUT ¥3,200
グループ割(5名分) SOLD OUT ¥15,000
Venue Address
千葉市美浜区中瀬2-1 Japan
Organizer
日本アドラー心理学会関東地方区
61 Followers